個別指導塾が行う中学受験国語の合宿

筑波大附属中学の2016年社会の合格のために個別指導塾に通い始める年齢は、小学校3~4年生と言われています。しかし、この年齢は思うように勉強してくれない時期です。
中学受験向け個別指導塾に通う時期が遅れてしまった場合ですが、春・夏・冬の長期間の休みを利用して、短期集中型の合宿に通って国語を学ぶという方法もあります。

春期、夏期、冬期と学校が休みを入れる季節ごとに、国語の講習を行っている個別指導塾があります。もっとも期間が長いのは夏期講習ですが、期間の短い春期や冬期だけ集中的に国語を学習するという方法もあります。
個別指導塾が行う中学受験国語の授業内容ですが、中学受験に必要な漢字の数は決まっているため基礎的な漢字を覚えることと、物語や説明文を読ませて読解力をつけることです。

かるたなどの遊び的な要素も取り入れながら、子供達が飽きないような工夫をした授業を行っています。
小学校3~4年生と言えば遊びたい盛り。
特に夏休みなどは、海や山などのレジャーに興味が向いていて、なかなか中学受験の勉強をする気持ちになれないでしょう。
そんなときは、春や冬の比較的短い個別指導塾の合宿に通わせて、国語や算数などの苦手な教科を集中的に学ばせると良いかもしれませんね。